☆アジアン・エンタ☆から台湾芸能だけクリップ。最新情報は本館

 現地発信の台湾芸能ニュースの中から個人的に気になる話題を翻訳してご紹介してます。Record Chinaさんやサーチナさんなどの華流ニュースサイトにかぶる記事があるときは、骨折り損なので訳してません。

2010年09月17日

アリエル・リンが八大から三立の顔に?

8月9日付、聯合報

先週の金曜日、 八大の看板女優・林依晨が三立に姿を現した。当日、彼女はマネージャーの周美豫に付き添われて、三立副總蘇麗媚と密会し、双方とも大変和やかに言葉を交わしたとのことだ。

八大ドラマ『華麗的挑戰』の撮影再開がなかなか決まらないなか、林依晨は3年もの間、静観して成り行きを見守っていたが、ここへ来て、10年に渡った八大との深いつながりに赤信号がともる事態が生じつつある。

林依晨は、18歲でデビューし、処女作『18歲的約定』から、金鐘獎を受賞した代表作『惡作劇之吻2』にいたるまで、八大のアイドルドラマ5作品に出演し、人気を博した。八大と三立は、アイドルドラマ界でライバル関係になり、「職業道徳」の面で、林依晨は去年アルバムを出したときに、三立の番組『完全娛樂』に宣伝で出演した以外は、過去10年に渡り、三立のビルに足を踏み入れていない。

しかし先週の金曜日、林依晨は三立に現れただけでなく、スタジオ内を見学し、目撃した三立の従業員から、林依晨が三立にくら替えしたのではないかとの噂が急速に広まった。

林依晨は金鍾賞受賞後、アイドルドラマに出演していない。その間、脳にできた腫瘍の除去手術のため短期間の休養を取ったことがあったが、著書を出版したり、舞台劇に挑戦したりと、仕事は切れたことがない。しかし、マスコミは、彼女が金鍾賞の呪いにかかったのではないかという疑いまで持ち出しているほどだ。

林依晨は八大への義理から、『華麗的挑戰』の撮影再開を気長に待ち、他の作品への出演を断ってきたにもかかわらず、男性主役のキャスティングに難航している上に、女性主役まで張韶涵に変更するとの噂まで飛び出し、ついに先日、林依晨は撮影参加は縁に任せるとし、再開についてもはや強く主張しないと発言するに至った。

一方、三立では、陳喬恩、阮經天など大ブレイクした人気スターが映画進出のために流出し、次の人気女優、男優の引き込みに躍起になっている。明道が三立に戻ってきたほか、過去ずっと八大アイドルドラマの顔として活躍してきた鄭元暢も、三立が制作するオンラインドラマ『歡迎愛光臨』に協力している。

昨日、林依晨のマネージャー、周美豫は林依晨が三立に立ち寄ったのは、番組の収録に参加するためで、その際、三立の招待でビル内を見学したと説明した。将来的に、三立(ドラマ)への出演はありえるのだろうか?その件に関して、双方とも非常にオープンな態度を示しており、周美豫は、林依晨がいつもドラマを選定するときに重視するのは、脚本であり、テレビ局ではないと強調した。
posted by 台湾エンタ at 13:16 | アリエル・リン(林依晨)

2010年08月02日

アリエル・リン、博物館見学

7月10日付、中時電子報

 林依晨が先日、特別展示「英雄再起─大三國特展」を鑑賞した。日頃から歴史書を読むのが好きな彼女にとって、三国時代の特別展は、学生時代に古い歴史について聞くのが好きだったことを思い起こさせた。当日はちょうど夏休みに入る時期にあたったため、たくさんの学生が見物に訪れており、彼らにとって、林依晨自身も動く展示品の一つになってしまったが、彼女は嫌な顔をせずにサインや写真撮影に応じ、親しみやすい親切なアイドル女優そのものだった。

 曹操といえば、乱世を治めた優れた武将であり、奸雄だが、後世の人々の評価は褒めるか、罵るかの真っ二つだ。林依晨は曹操の絵像を見て、博物館ガイドに次のように質問した。「彼って本当に小喬のことを愛してたんですか?」ガイドによれば、曹操は小喬のことを愛していたが、大喬のことも愛していたという。その答えに、林依晨は思わず噴き出してしまった。もし、その時代にタイムスリップできるなら、一番曹操について知りたい。 「私は深みのある男性が好きです。」

深淵であることは、かならずしも策略家であるという意味ではなく、知恵と聡明さを持っているということだ。聡明な人はいるが小才が利くレベルで満足するものが多く、曹操ほど遠い将来のことまで考えて周到にはかりごとを立てることが出来る人は少ないと林依晨は言う。彼女自身は、大喬にも小喬にもなりたいとは思わない。二人とも大変な人生を歩んだ人たちだから。乱世にあって、曹操が手段を選ばない殺人を繰り返したことを度外視するなら、権力を掌握する能力と才知を発掘し、優れた者を重用する能力を併せ持った希少な人物というほかない。(以下、アリエルのコメントはなく、三国史の話が続くので省略)
posted by 台湾エンタ at 11:13 | アリエル・リン(林依晨)

2010年06月06日

アリエル・リン&ジョセフ・チェン、ファンイベント画像

日本語華流ニュースサイトにファンミのレポが掲載されてましたのでリンクしておきます。
http://china.alc.co.jp/culture/ouendan/
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2010/05/post-92a5.html
http://asian-star.jp/special/news_100529/01.html
posted by 台湾エンタ at 14:14 | アリエル・リン(林依晨)

2010年06月03日

アリエル・リンがドラマ復帰?!2作品に出演予定

5月20日付、中時電子報

林依晨はここ2年間アイドルドラマに出演していないが、今年に入り、2作品への出演を受け入れた。一つは、ここ1年ほど撮影が中止されている『華麗的挑戰』への復帰で、男性主人公役が言承旭から韓国人気グループSuper Juniorのチェ・シウォンとトンへに変更される。監督は引き続き鈕承澤がつとめる。

林依晨が出演を了承したもう一つの作品は、韓国ドラマ『コーヒープリンス1号店』のリメイク作品で、ユン・ウネが演じた男装ヒロインを演じることになる。男性主人公はまだ人選中だ。

1年ほど前、言承旭と林依晨は、鈕承澤監督のアイドルドラマ『華麗的挑戰』で共演することが決定し、日本まではるばる赴き、記者会見まで開催し、言承旭は、ギャラなしでPRに応じたのだが、台湾に戻った後、突如、ドラマの中止を宣告されてしまった。その後、男性主人公役を呉尊に変更するとの噂が出て言承旭を怒らせてしまい、彼はそのまま降板した。

林依晨は、久しくドラマに出演しておらず、ファンが所属事務所に抗議をしてきた。ファンは林依晨のアシスタントに手紙を送ったり、オフィシャルサイトにマネージャーをののしる言葉を書き込んだ。彼女たちのアイドルは、歌手ではなく、演技をすることがメインの仕事だというのだ。最近、林依晨はセカンドアルバムや旅行写真集の準備で忙しく過ごしている。『華麗的挑戰』の撮影は8月から始まる。また、台湾版『咖啡王子一號店』に関しては、林依晨自身、韓国版を観て大のお気に入りにだったので、その演技に期待が高まる。
posted by 台湾エンタ at 11:31 | アリエル・リン(林依晨)

2010年06月01日

アリエル・リン「伊利優酸乳」広告

image

image

image

image
posted by 台湾エンタ at 17:29 | アリエル・リン(林依晨)

2010年05月21日

アリエル・リン、ふっくら顔から卒業

image

5月4日付、中時電子報

林依晨は赤ちゃんのようにぽっちゃりした体型のためにデビュー以来、ずっとダイエットに励み、8キロ減量したがそれで満足するわけではなかった。自己修養が徹底している林依晨は、切磋琢磨して彼女に最適の減量方法を発見し、ついにダイエットが必要ではなくなった。ただサラダをお昼に食べることで身体のサイズを小さくし、ぽっちゃり顔ではなくなったのだ。

油物も拒まないが、まず栄養素を吟味する

林依晨は「ここ4年、塩味のフライドチキンは食べてないわ」と暴露した。しかし、油物すべてに手をつけないわけではない。食事をするとき、栄養素と油・脂肪分を注意深く吟味して選んでいる。「ブドウ種油は、190度で沸点に達するんです。だから揚げている過程でトキシンはあまり出ませんから、からだと減量にいいんですよ。」 と明かした。(中略)

水分摂取をコントロールし、マッサージでむくみを取る

 冷野菜に関しては、お腹が減っている朝や胃腸を休める晩に食べる事はない。これは、胃や腸に負荷をかけすぎないためで、日中、太陽が最も輝く一番あたたかいお昼に食べることで、容易に消化しやすくなるからである。林依晨は、いつ何を食べるかについて厳格なルールを敷いている。

 林依晨をずっと悩ましてきたぽっちゃり顔は、丹念なマッサージケアと漢方薬で改善した。毎晩、乳液をつけるときに、顔を重点的にマッサージし、むくみをとっている。また、彼女は、毎日、飲む水の量も管理している。

「野菜、フルーツ、スープから一日に摂取する水分を十分摂ってるから、あとは900CCを補充すればいいだけなんです。」
posted by 台湾エンタ at 17:20 | アリエル・リン(林依晨)

2010年05月05日

アリエル・リン、「雪肌精」のおかげでくすみゼロ!

image

4月9日付、聨合報

大陸アイドルの胡歌が新ドラマのPRで台湾を訪問したとき、林依晨のことを忘れることができないと公の場で称賛した。昨日、林依晨は、KOSEの「雪肌精」PRイベントに出席し、胡歌の発言を聞かされると、可愛らしく恥じらった様子で「あらま、ただのお世辞ですよ。」とコメントしたが、林依晨自身も胡歌との共演はすごく楽しい経験だったという。

林依晨は昨日、友達が開いたパーティに色々と参加していることを明かした。昔は恋愛に対して怖気づいていたこともあったが、今の彼女は、恋愛にも心を開くようになったという。しかし、今のところ、ピッタリくる男性はまだ現れていない。

林依晨は、何年も浮腫の苦痛に苛まれていたが、昨日、久々にスポットライトを浴びた彼女は大分痩せて、顔がほっそりしたように見えた。しかし、彼女によれば、体重は前と全く変わっていないが、最近は、顎のラインをマッサージするようにしているほか、長時間、お風呂に入っているという。

林依晨が昨日、PRしたのはKOSE「雪肌精」の日焼け止めローションで、イメージキャラクターとして林依晨は、日差しからお肌を守るのは、美肌の基本中の基本で、美しくなりたいと思う女性は怠惰ではいられないと語っていた。

image
posted by 台湾エンタ at 21:53 | アリエル・リン(林依晨)
懸賞にゃんダフル

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。