☆アジアン・エンタ☆から台湾芸能だけクリップ。最新情報は本館

 現地発信の台湾芸能ニュースの中から個人的に気になる話題を翻訳してご紹介してます。Record Chinaさんやサーチナさんなどの華流ニュースサイトにかぶる記事があるときは、骨折り損なので訳してません。

2008年10月30日

アリエル・リンの弟、ジョセフ・チェンの姉

image

10月29日付、明報

鄭元暢(小綜)と林依晨が再度、共演するドラマ『我的億萬麵包』が11月16日に放送開始されるのにともない、現在、全力で宣伝活動を行っている二人は、昨日、それぞれ、姉(鄭綺璇)と弟(林維聖)と一緒にテレビ番組に出演した。

小綜のお姉さんは、11月初めに結婚し、アメリカへ移住する。お姉さんは、番組で次のように話した。

「台中で、私の婚約式を行ったんですけど、その日は、弟が来たせいで、皆、私のことなんかそっちのけで、彼の方に注目しちゃって。でも、かえって、そんな弟のことを誇らしいと感じます!」

不精ひげを生やした林依晨の弟は、口数は少ないが、姉の荷物を持ってあげたり、車のドアを開けたりする優しい弟だ。

林依晨は番組の中で、自分の家族に関する一つのエピソードを紹介した。彼女の母方の祖父が肺癌で亡くなり、家計が厳しくなったとき、祖父が亡くなる前に、母に家計の足しにするようにと、手渡した金のネックレスを質屋に入れたことがあったのだという。その後、林依晨は、一生懸命働いて、母の50歳の誕生日に、祖父が母にあげたネックレスとそっくりなもの贈ったのだそうだ。そのプレゼントには、祖父の母に対する愛と、自分の母に対する愛が込められているのだという。

□■□■□■□■□

聯合報では、祖父が亡くなった年にアリエルが母に金のネックレスを贈ろうとしたけど、家計が厳しくて、泣く泣く質に入れて、50歳の誕生日に再度、プレゼントしたってなってるけど…どっちが正しいの??

聯合報:翻訳記事⇒ライブ台湾

image
posted by 台湾エンタ at 23:22 | アリエル・リン(林依晨)

2008年10月13日

ジョセフ・チェン&アリエル・リン『我的億萬麺包』杭州記者会見

image

image

image

10月13日付、新浪

八大テレビ『我的億萬麵包』が先週台湾での撮影を終え、ドラマ撮影チームは、大陸の杭州での撮影のため、昨日、当地でクランクイン記者会見を行った。

その前日に、杭州に到着した鄭元暢は、夕食の席で、上海蟹を味わった。小綜は、おいしい上海蟹に舌鼓を打っただけでなく、「上海蟹を食べた後、排便がすごく順調になって、お腹がぺったんこになっちゃったよ。ハッハッ!」と喜んでいた。

一方の林依晨は、最近、ずっと体重管理に気を使っており、台湾では、生野菜のサラダなど太らない食べ物を選んで食べている。そのため、今回の杭州行きでも、クラッカーと低脂肪油で作られた湯包を持参して、一週間の滞在分を準備している。

“仕事が速い監督”の称号を持つ林合隆のもとで、『我的億萬麵包』は、台湾での撮影を急ピッチに終え、男女主役は昨日、主要なシーンを撮影する杭州で大陸メディアを集めた記者会見を行った。

会場には、鄭元暢と林依晨が共演した『惡作劇之吻』人気で、200名近くのメディアとファンが殺到した。内陸メディアは、彼らに、直接的でずばずばした質問をし、林依晨も、まさか、「共演男優のなかで誰が一番カッコイイと思うか」というような質問が出てこようとは思わなかったようだ。

林依晨は、小綜の手を軽く叩いて、彼を見ながら「私達が一番、意気がぴったりです。でも、やっぱり、呉尊が、一番カッコイイことを認めざるを得ません」とコメントした。

すると、小綜もにっこり、笑って「それじゃあ、僕は、Ellaが一番キレイだと思います」と答えていた。スクリーンの恋人同士が口論し合うのをみて、居合わせた記者はおかしそうに笑っていた。

image
posted by 台湾エンタ at 23:54 | アリエル・リン(林依晨)

アリエル・リン、ジョセフの前で呉尊が一番カッコイイ

image

10月13日付、聯合報

翻訳記事→ライブ台湾
posted by 台湾エンタ at 22:22 | アリエル・リン(林依晨)

2008年09月21日

アリエル・リン、キャンパス巡回映画写真展に出席

image

image

image

9月21日付、ent.mop.com

アイドルドラマのヒロイン林依晨は今日政治大学の学生の身分で、キャンパス巡回映画写真展覧会のイベントに出席した。林依晨は、映画ファンの一人として、イベントにゲスト参加できたことをとても光栄に思うとコメントした。

林依晨は、普段、時間があるときは、平均して、一週間に10本の映画を観るといい、映画鑑賞がもっとも好きな余暇の過ごし方だとコメントした。また、彼女は、時間があるときは、自ら映画館に足を運ぶこともあり、時間がなくても、家の中で映画を鑑賞するので、自分もれっきとした映画ファンだと笑って語った。

現在、アイドルドラマ『我的億万面包』を撮影中の林依晨は、鄭元暢と三度目の共演となる。ドラマのなかでカップルを演じる『悪作劇之吻』にはじまり、今度は敵役を演じているが、ドラマの外では、二人は疎遠だという噂がある。それに対して、林依晨は、今度の場合、皆が一緒に集まって撮影する機会が多くないので、一緒にいる機会が多くないのが普通だといい、自分と撮影クルーは、とてもの打ち解けていて、現在、撮影を順調に進めているので、推測はやめてほしいとコメントしていた。
posted by 台湾エンタ at 23:55 | アリエル・リン(林依晨)

2008年09月08日

アリエル・リン、長沙行きで呉尊避ける

呉尊

アリエル

呉尊

9月8日付、紅網

9月6日、7日、林依晨、呉尊、阿Sa(蔡卓妍)の3人は、次々に長沙を訪問し、現地の番組に出演した。阿SAは呉尊と一緒にやってきたが、林依晨は、先に訪問して、先に去っていった。

9月6日の『快楽大本営』の収録の中で、林依晨は、司会者から共演したことのある男性芸能人の中から、誰を結婚相手に選ぶかと聞かれた時、少し考えた後、直後の7日に長沙にやって来た呉尊を避けて、鄭元暢を選んだ。気の向くままに選択しただけだと発言した林依晨だが、『剣蝶』の呉尊と阿SAの熱愛報道が加熱するなか、彼女自身、以前『東方茱麗葉』の撮影時に呉尊と噂された経験から、再び恋の噂が再燃するのをを避けた形だ。

本人たちはきっぱりと否定しているものの、呉尊といまだ熱愛報道が途切れない林依晨は、今回の日程の手配も工夫を凝らし、なんとしてでも、現在、阿SAとの熱愛報道が沸騰中の呉尊と“噂の対象”になるのを避けた。9月6日に長沙に到着し、番組の収録に参加した林依晨は、9月7日午前に飛行機に搭乗し、長沙を離れた。一方、呉尊と阿SAは、午後13時頃に、スケジュール通りに長沙に到着したので、完全に入れ違いの形となった。

若者に最も人気のあるアイドル呉尊と蔡卓妍は、『剣蝶』の撮影時に恋のうわさが出て以来、その関係に関心が集中している“最も人気が高い噂のカップル”だ。

呉尊と阿SAは、今回の長沙のPRイベントでも、依然として、以前と変わらぬ息の合った仲良しぶりをアピールしたが、噂を避けるために2人は、リハーサルから晩の番組収録まで、ずっと一定の距離を保つように心がけていた。

しかし、番組収録中、幼いころからブルネイで育った呉尊が、中国語が分からない場面に遭遇すると、阿SAがすぐさま耳打ちして教えてあげていた。回数はそれほど頻繁ではなかったが、二人の息がぴったりなのは疑いをはさむ余地がない。

 今回の『快楽大本営』の収録分は、ちょうど呉尊の誕生日の前日に放送されるため、番組スタッフが特別に準備をして、番組の終わりに、彼の誕生日をお祝いした。
posted by 台湾エンタ at 23:22 | アリエル・リン(林依晨)

2008年09月02日

ジョセフ・チェン&アリエル・リン『我的億萬麺包』記者会見

image

image

ariel

9月1日付、ent mop.com

青春アイドルの鄭元暢(小綜)と林依晨が主演するアイドルドラマ『我的億萬麺包』がクランクインし、4話を撮影開始後、本日、クランクインの記者会見を開催し、出演陣が勢揃いした。

今度で三度目の共演となる鄭元暢(小綜)と林依晨は、すでに2度の共演で息もぴったし。しかし、小綜が予告するように、以前の共演では、いずれもカップルだった二人だが、今度の共演では、2人は仇同士という、全く異なったストーリーなので、視聴者にとって、新鮮なものとなるだろう。
posted by 台湾エンタ at 23:22 | アリエル・リン(林依晨)

ジョセフ・チェン&アリエル・リン『我的億萬麺包』クランクイン

image


9月2日付、聯合報

鄭元暢と林依晨が『我的億萬麵包』で再びタッグを組むが、役柄とは違い、2人の毎月の平均支出は、「1万」ほどで、すこぶる倹約家だ。若いころは、ブランド品を買いあさって、カード返済に追われたりする人がいるが、鄭元暢と林依晨は、よっぽどのことがない限り、カードで買い物をすることはなく、毎月の支払いも滞ることがないという。林依晨は「銀行に利子を払うなんてあり得ない」と断言していた。鄭元暢も笑いをとりながら、「僕たちは銀行にとって困った客でしょう。でも、銀行が僕たちにイメキャラの仕事をオファーするなら、もちろん喜んで受けますよ。」と話していた。

『我的億萬麵包』は、八大と大陸の合作ドラマで、鄭元暢は、ドラマの中で、借金返済をかかえながらもブランド物に目がないちゃらんぽらんな男を演じている。しかし、ドラマの外では、カードを使うのは、外国へ行ったときだけだという鄭元暢。しかも、高価な物を買う条件は、「それによって、より大きな利益が得られる」ときだけ。もし、交際している女性が浪費家だったら、鄭元暢は、縁を切るとまで断言した。

林依晨は更に徹底している。彼女は自分のカードを持っておらず、母親のを使うのだそうだが、初めてカードを手にした時は、抵抗感があったという。なぜなら、カードを使って買い物をすると、まるで2度もお金を払っているように感じるからだそうだ。アイドルドラマの人気トップ女優となり、コマーシャルの仕事もたくさん入っている彼女だが、ふだん食事をするときでさえ食材のコストを念頭に入れるという、徹底した節約ぶりだ。

節約の以外にも、鄭元暢と林依晨は、資産管理に関しても堅実だ。小綜は、専門家に相談し、定期、当座預金、基金、債権および資産運用型保険と、収入を5つに分けて貯蓄している。林依晨も5つに分けて貯蓄しているという。ただし、彼女は、債権を買っておらず、外貨投資をしている。

小綜は、芸能人はいつまで仕事ができるか分からないから、早めに引退後の準備をしないといけないと笑っていい、彼がかつて最も気にいっていたのは20年満期の投資型貯金だと答えていた。

興味深いことに、2人とも借金に反対の意見だ。小綜は、彼の父親から何度も、人にお金を借してはいけないと忠告されたという。そのため、父の教訓通り、人からお金を貸してほしいといわれると、住宅ローンのためにお金がないと婉曲的に拒否するのだという。林依晨の場合は、長い間連絡をとっていなかった友達からお金を貸してほしいといわれたことがあったが、母親の電話番号を教えて撃退したという。
posted by 台湾エンタ at 22:33 | アリエル・リン(林依晨)
懸賞にゃんダフル

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。